妊娠@妊娠 ママ@妊娠
無一文からの復活劇!特進アフィリエイトで喜びの声が爆発しています

妊娠 時 基礎体温

妊娠 時 基礎体温

妊娠@妊娠 ママ@妊娠
妊娠 ブログ管理人の 妊娠 ママ です。

今回は「妊娠 時 基礎体温」についてかいていきますね。

妊娠と基礎体温には大きな関係があります。
普段から基礎体温をつけている習慣があれば、妊娠時の基礎体温などの変化により、妊娠を初期の段階から基礎体温で察することが出来ます。
健康な赤ちゃんを出産するためにも妊娠時の基礎体温などの特徴を知っておきましょう。

妊娠時の基礎体温妊娠時の基礎体温より基礎体温表で高温相が続きます。
これは妊娠を持続するためにプロゲステロンが増えるからです。

妊娠時の基礎体温は、月経から排卵までの約2週間体温が低い状態が続く「低温期」と呼ばれるものがあります。
そして排卵が起こると黄体ホルモンが分泌されて体温が上昇します。これを「高温期」と言います。

そして通常は次回の月経まで高温期が続き、また低温期に入ります。
しかし妊娠時の基礎体温はこの高温期が続き、月経期がきても体温が下がりません。

このように妊娠時の基礎体温を測っていることでかなりの確率で妊娠の兆候が早い段階で分かります。
妊娠と基礎体温には大きな関わりがありますので、妊娠の兆候を知る為にも妊娠時の基礎体温をつける事がベストの方法だと思われます。

妊娠ってどういうこと??
妊娠について考えてみませんか!?
妊娠@妊娠 ママ@妊娠では、ひとつの命が宿ること・・・真剣に考えて欲しいから☆彡



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42813062
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。